IVIA 一般社団法人IT検証産業協会

お問い合わせ  ●サイトマップ

お問い合わせ  ●サイトマップ

IT検証フォーラム2015

IVIA設立10周年記念

IT検証フォーラム2015

時代はいま、IoT時代を迎え、第四次産業革命とも称されているように、
あらゆる領域にITシステムを活用した変革の波が押し寄せています。
設立10周年の節目の年にあたり、本フォーラムは、「IoT時代と第三者検証」と題し、
社会変化の流れの中で、検証のあり方、役割、そして今後の方向性について考えます。

【※来場のお申し込みは終了いたしました】
■詳細は特設サイト(http://www.ivia-forum.jp/)をご覧ください。
参加は無料となっておりますので、ぜひご参加ください!

■開催概要
1.開催名称
IT検証フォーラム2015
2.テーマ
『IoT時代と第三者検証』 ~検証業務の役割、方向性を考える~
3.開催日時
2015年7月15日(水) 10:30~17:30
(受付開始10:00~)
4.開催場所
東京大学 伊藤国際学術研究センター
〒113-8645 東京都文京区本郷7-3-1
http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/index.html
5.参加費用
無料
6.開催規模
メインセッション/パネルディスカッション会場 400名
サブセッション会場 50名~100名
ワークショップ会場 40名
7.主催
一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)
8.後援(予定)
経済産業省
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
9.協賛
一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)(予定)
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
一般社団法人スキルマネージメント協会(SMA)(予定)
一般社団法人IIOT(IIOT)
一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)
特定非営利活動法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)
IPネットワークWG レジデンシャルICT SWG(予定)
10.お問合せ(メール)
IVIA事務局 ivia_office@ivia.or.jp
 
■メインセッション概要

第Ⅰ部 IoT時代と検証の標準化
IoT時代を迎え、コンピュータ機器だけでなくあらゆるものがインターネットにつながるようになってきました。このようにグローバルで複雑・多様化するシステムのソフトウェア品質や接続性を保証するためには、標準化が増々重要になってきます。今までは、家電、車/ITS、電力システムといった領域で標準化が進められてきましたが、IoT時代にふさわしい標準化とは何かをソフトウェア検証の国際標準であるISO/IEC/IEEE 29119を中心に考えます。

基調講演:電気通信大学  西 康晴氏

第Ⅱ部 IoTによる社会変化と検証
IoT時代のITシステムは私たちの社会に、今までにないサービスの提供や利便性の向上という大きな変革をもたらし、情報セキュリティという大きな課題をつきつけます。この変革は家庭にも及んできます。社会変化をもたらすホームネットワークとはどのようなものか、そして、その信頼性や安心に対する検証への取り組みを紹介します。

基調講演:北陸先端科学技術大学院大学 丹 康雄氏

IVIA設立10周年記念 パネルディスカッション
IT検証産業協会は第三者検証の産業化を推進してきました。今年は協会設立10年の節目にあたり、時代にふさわしい第三者検証について考えます。IoT時代のITシステムを利用者に安全・安心に使ってもらうためには、供給者でも利用者でもない第三者による検証の必要性が叫ばれています。各界の著名な有識者を交えて、この時代の第三者検証への期待や辛口の注文をお聞きし、検証事業の将来について一緒に考えます。

 パネラー:情報処理推進機構      松本隆明氏
      北陸先端科学技術大学院大学 丹 康雄氏
      電気通信大学        西 康晴氏
      オムロンヘルスケア(株)  鹿妻洋之氏
      IT検証産業協会      浅井清孝
 モデレータ:IT検証産業協会     藤井洋一
以上

 ■開催報告ページ
  IT検証フォーラム2015サイト 開催報告