IVIA 一般社団法人IT検証産業協会

お問い合わせ  ●サイトマップ

お問い合わせ  ●サイトマップ

IVECに関するQ&A

試験概要


Q1: この資格取得をすると実際にどんなことに役立つのか?

A1:
・全社にソフトウェア検証技術力向上の重要性の啓蒙と普及の一助となりえます。
・企業内でのスキルの把握と計画的な人材育成が可能です。
・取引先に対して、自社で “ソフトウェア品質力” を有している人材がいることを強調できます。
・個人の検証技術の客観的地位の把握できます。
・貴方の “ソフトウェア品質力” が第三者(IT検証産業協会IVEC)から認定されます。
・外部に対して、専門技術を有していることを証明できます。


Q2: 具体的にどのような仕組みから試験は成り立っているのですか?

A2:
IT検証技術者認定試験(IVEC)では、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が策定した組込スキル標準(ETSS)のフレームワークをベースに、キャリアレベルを作成し試験を実施しております。
各レベル毎に「知識試験」と「実務試験」があり、同一レベルを共に合格すると認定証が発行されます。なおIVECは、組込領域やエンタープライズ領域といったドメインに依存しない構成となっております。


Q3: 受験の申込から結果発表までの流れを教えてください。

A3:
IVECの受験申込URLからお申込みいただき申込が完了しますと、マイページ画面にて受験票PDFファイルが表示されます。この受験票を印刷し「顔写真(縦4cm×横3cm)」を貼ったものを、試験当日にお持ち下さい。試験結果(合否通知)につきましても、マイページ画面にてPDFファイルにて表示されます。


Q4: 合格証と認定証の違いは何ですか?

A4:
IVECには、レベルごとに知識試験と実務試験があります。どちらかに合格した際に合格証が発行されます。同一レベルの知識試験、実務試験共に合格した方に認定証が発行されます。なお認定証につきましては、合否判定通知からさらに1か月ほどのお時間をいただいております。


Q5: 受験料の支払い方法を教えてください。

A5:
受験申込画面にて、カード決済かコンビニ決済をお選びいただけます。コンビニ決済の有効期限は3日間です。これを過ぎるとお申込みがキャンセル扱いとなります。再度受験を希望する場合は、改めて受験申込していただきます。なお一度振り込まれた受験料は、返金いたしませんのでご注意ください。


Q6: 採点結果や問題文・模範解答は開示されますか?

A6:
受験者の採点結果(点数)や問題文・模範解答は開示しておりません。


Q7: 認定証に有効期限はありますか?

A7:
以前は有効期限を設定しておりましたが、現在は、レベル1~4については廃止しました。ハイレベル(レベル5以上)に関しては、現在検討中です。


Q8: 試験の合格率を上げるための学習方法はありますか?

A8:
当ホームページに掲載しているシラバス、及びIVIA推奨のテキスト本(レベル1~レベル4対象)をよく学習することで、知識試験の合格可能性が高まります。実務試験に関しては、積極的に実務に取り組んでいただくことが良いです。


Q9: 異なるレベルの試験を併願することはできますか?

A9:
試験時間が重複しないものについては、併願可能です。


Q10: 申し込み後、転居したのですが何か手続きは必要ですか?

A10:
知識試験、実務試験共に合格した方に認定証を送付する関係上、至急事務局までメールにてご連絡下さい。
※合格者の方は、申込時に限らず改姓や転居の際にご連絡頂けますと幸いです。

 

試験当日


Q11: 試験中、机の上に置くことができるものは何ですか?

A11:
・受験票(注:受験者本人の写真貼付済みのもの)
・HB以上の濃さの鉛筆・シャープペンシル
・消しゴム
・腕時計(注:携帯電話、PHS等で代用することはできません。)
※飲み物は、500ml以下のペットボトル飲料のみ持ち込み可。お飲みになる際以外は、キャップをして足元に置くようにしてください。


Q12: 交通機関の遅延により、試験開始時刻に間に合いそうにありません。どうしたらよいですか?

A12:
試験開始から10分間は遅刻しても受験することができます。公共交通機関の遅れの場合は、「遅延証明書」を必ず受け取り、試験会場にお越しください。


Q13: 試験中にお手洗いへ行くことは可能ですか?

A13:
原則は退出できません。試験前にお済ませください。


Q14: 試験問題を持ち帰ることはできますか?

A14:
試験問題・回答用紙等は一切持ち帰ることはできません。

 

合格発表


Q15: 試験結果はいつわかりますか?

A15:
試験毎の実施要綱に記載しております。そちらをご確認下さい。万が一変更になる場合は、当協会ホームページ上でお知らせいたしますのでご確認願います。


Q16: 結果はどのように通知されますか?

A16:
各試験の合否結果は、マイページ画面にPDFファイルで表示されます。また当協会ホームページ上に合格者番号や合格率等の統計を掲載いたします。なお認定証につきましては、合否判定通知から約1か月後、ご自宅に郵送させていただきます。


Q17: 自分の点数や問題ごとの正誤を教えてください。

A17:
申し訳ございませんが合否結果のみの通知とさせて頂いております。
なお2014年秋期試験より、弱点補強すべき領域のご確認目的で試験結果のレーダーチャートを提供しております。

 

受験資格と合格と認められるレベルについて


Q18: 知識試験、実務試験について、受験レベルより下位のレベルの取り扱いについて教えてください。

A18:
知識試験は受験したレベルより下位の知識レベルが測れる試験であるため、合格した場合は受験したレベル以下すべてのレベルに合格したこととみなされます。一方、実務試験は受験レベルのみの実務力を測る試験であるため、合格した場合は受験したレベルのみの合格となります。 IVIAはテスト技術者の段階的なステップアップが重要と考え、レベル1から順に認定取得していただくことをお勧めしております。


Q19: 受験資格がなかった時、知識試験はレベル3に合格しています。実務試験は受験したことがありませんが、実務試験レベル3を受けられますか?

A19:
レベル2の認定資格がない場合は、受験することができません。2013年から受験資格が変わりました。ミドルレベル(レベル3、レベル4)を受験するためには、レベル2の認定資格が必要になります。資格が満たされていない場合は受験の申し込もできません。
まずは実務試験のレベル2に合格してください。この時点でレベル2の認定者となりますので、次からはレベル3、レベル4が受験可能となります。